AGAの原因はさまざまです。その中の一つに頭皮環境の悪化が考えられています。

そのため頭皮は普段から清潔に保つことが大切です。

頭皮を清潔にと聞くと、日常的に行うシャンプーが思い浮かびますね。

そこで今回は、正しいシャンプーの洗い方4ステップをご紹介します。

ステップ1:予洗い

正しいシャンプーの始めのステップは、予洗いです。

予洗いとはシャンプーをつける前に、髪と頭皮をぬるま湯で濡らすことです。

予洗いをしっかりと行なうことで、頭皮の毛穴が開き汚れは落ちて、髪の毛の摩擦も減るので傷みにくくなります。

髪を洗うときは、まず1分ほど時間をかけて予洗いをしてください。

ステップ2:適量のシャンプー

予洗いの次のステップは、適量を手のひらに出すのが正しいシャンプーです。

大量に出したり手のひらで泡を立てたり、頭皮や髪に直接つけてはいけません。

適量のシャンプーを手に取ったら、次のステップは洗い方です。

ステップ3:洗い方

正しいシャンプーの洗い方で気を付けるのは、力を入れたり爪を立てないことです。

力を入れたり爪を立てる洗い方だと髪や頭皮を傷めてしまい、薄毛や髪がボロボロになる原因となります。

髪の洗い方は、力を入れず指の腹を使って小刻みに洗いましょう。

ステップ4:すすぎ

正しいシャンプーで髪を洗ったら、次のステップはすすぎです。

シャワーから水を出してすすぐときは、髪の流れに逆らってはいけません。

髪の流れに逆らってすすぐと、頭皮や髪にシャンプーの泡が残る原因になります。

また、すすぎはシャンプーで髪を洗うときよりも時間を短くしてしまいがちです。

しかし、短時間で済ませてしまうとすすぎが十分ではなく、泡が残っていることもあります。

完全に頭皮や髪から泡を落としきるためにも、時間をかけて丁寧にすすぐようにしてください。

まとめ

女性の美しい髪を保てる正しいシャンプーの洗い方は、以上の4ステップです。

正しいシャンプーの基本は、時間をかけて丁寧に行なうことです。

適当に素早く済ませてしまうと、力を入れすぎた洗い方になったり、すすぎが不十分だったりします。

一つひとつのステップをじっくりと丁寧に行ないましょう。